スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道遠征 後編

続いて、運命の第2ラウンドToss&Fetch。

Haruko&Alice Team これも風の影響を受けて、Discがはしり、まさかの3.5ポイント

U-ka&Tink Teamは、1投目、TinkがDiscを見失いキャッチミス、2投目、3PointZoneでRunningキャッチ、3投目はDiscが風にのり浮き上がりTinkがわずかに追いつがずミス、4投目は、ナイススローもTinkがDiscを見送りミス、最終5投目、少し力が入り(4PointZone狙い?)DiscがはしりTinkが追い付けずミス。と、トータル3.0ポイント。

松犬&Zell Team、風を意識して、犬を先行させたことが大間違いで、1~3投目までZellがDiscを見失ってしまいミス。4投目から修正し、4~6投目までをキャッチし、トータル12.0ポイント。ごめんZell。

Takehara&Karsee Teamは、さすが、SuperProToss&Fetchで風を掴んだか?好投し、17.0ポイント。

ここで、ゲーム1日目が終了し、2ラウンドまでの結果発表。

Haruko&Alice Team27位、 U-ka&Tink Team23位、松犬&Zell Team14位、 Takehara&Karsee Team5位。

この後のU-kaの落胆ぶりには、正直、心が痛み、慰める言葉が見つかりませんでした。

ゲーム終了後、温泉へ行き、その日はJDDNSapporoの皆さんが用意してくれたジンギスカンBBQ。
気持ちと裏腹に笑顔で振舞うU-kaさん...いつのまにやら、ちゃんと大人だね~と少し感心。


さて、HokkaidoDiscDogCup2日目(最終日)、それぞれの朝。

気持ちを切り替えて楽しもうと、松犬。
内心U-kaことを心配しながらも、いつもどおりの笑顔のHarukoさん。
いつもどおり落ち着いているBambooさん。

それから。。。内心は、きっと気持ちが切り換えられずにいるU-kaさん。

そのU-kaさんにサインアップ直前にWorldChampから届いた、
“最後の一投まであきらめるな”のメッセージ。U-kaの心に響き、笑顔が戻りました。


そして、それが、U-ka&Tink Teamの第3ラウンドのプレーに繋がったと思います。



1ミスの最高のプレー。正直、ビデオを撮影しながら涙してしまいました。
結果、5人抜きの18位。
クオリファイは逃しましたが、U-ka&Tink Team10年の歴史で最高のプレーになったと思います。
メッセージ、本当にありがとうございました。

そして、U-kaのプレーに声援を送って頂いた皆さんに感謝します。

Haruko&Alice Teamは、無風となり、他のTeamがエクスキューションを上げる中、3ラウンド目でもエクスキューションを上げられず、まさかの27位。

松犬&Zellは、リクエスト?のあったプレルーティンはうけたけど(笑)やっぱり得意のToss&Fetchでポイントを稼げなかったため、19位にダウン。

HidekiGizelda_convert_20130817084913.jpg

Takehara&Karsee Teamは、Rickとの全盛期を彷彿させるプレーで5位となり、見事クオリファイをゲット!
おめでとうございま~す。

表彰式で特別賞のTシャツとじゃんけんゲームでUSDDN長袖Tシャツまで頂き(ありがとうございました)、「こんなとこで運つかうなよ」と突っ込みながら、BambooDogFieldへの帰路につきました。

19016_1470_029a7958e1_convert_20130817083625.jpg

TakaiwaさんをはじめJDDNSapporoの皆さん本当にありがとうございました。

その日遅くに、BambooDogFieldへ平井さんをはじめ遠征メンバーが到着。深夜までいろんな話を聞き、翌日は、スペシャルクリニックを受けて、3人とも次へのお土産をもらって夕方、BambooDogFieldを後にしました。平井さん、それから遠征メンバーのみなさんありがとうございました。

今回のゲームはU-kaにとって辛いものだったかもしれないけど、きっと、この経験は彼女を大きく成長させてくれたことと思います。

Yachiが、BLOGの“Wind condition”で書いてたけど、ディスクの神様ってちょっと意地悪なのかもね。

最後に、もう一度、竹原さん、本当にありがとうございました。お世話になりました。
スポンサーサイト

北海道遠征 前編

ほっかいどう!でっかいどう!もうすく行くどう!まってるどう!
ということで、勢いよく、行ってきました北海道!

BambooDogField4泊、フェリー船中2泊、車中2泊の8泊8日の旅
そして、USDDN最終クオリファイゲームとなるHokkaidoDiscDogCupへの参戦

竹原さん、たくさんお世話になり、本当にありがとうございました。

5日(月)の深夜にフェリーに乗船し、6日(火)の20:30に苫小牧東に到着、一路BambooDogFieldへ。深夜の到着にもかかわらず、心待ちにしていてくれた竹原さんと、早速、WellcomeParty(笑)。

7日・8日は北海道海鮮BBQをしたり、窯焼きピザパーティをしたりと、北海道リゾート気分を満喫しながら、広大なBammbooDogFieldでGameに向けた真剣トレも少々。

IMG_20130807_135238_convert_20130815194212.jpg

旬の生とうきび、イカのごろやき、窯焼きピザ、生ハムメロン、エビのアヒージョ、などなど。う~ん、数えきれない美味たちを高級ワインで…
気温はこちらの朝が北海道の一番暑い昼間ぐらいのイメージで、夕方のトレは最高のコンデイションでした。しかもちゃんとトレできるようにご主人が芝刈りもしてくれていました。ありがとうございます。
8日は、北海道へ移住した、晴ちゃん&奈緒ちゃん&晴ちゃんそっくりのジュニアにも会え、とても懐かしかったです。

9日(金)はHokkaidoDiscDogCupの会場である当別へ早朝出発。約220㎞の移動、途中、富良野の道の駅に寄るも、あいにくこの日は雨。昼食は美唄で、名物“とりめし”をラーメンと。これがまた、めちゃうま!

そして、会場のドッグスポーツベース当別には夕刻に到着。

会場は公式ゲームスペースが2面は取れる広大な会場にもかかわらず、メンテがいきとどいて、びっくり。お話を聞くと、芝刈り&草刈りにほぼ一週間近くかかるとのこと。そして、冬は雪かき。う~ん、やっぱりフィールドの維持管理は大変とかなり共感。

少し設営のお手伝いをしていると、続々と参加チームが到着し、設営が一段落したところで、場馴れ、風慣れのために軽くトレ。

風は事前に聞いていたとおり、結構吹いていましたが、地元の方々いわく「風が強いときはテントが吹き飛ばされる」「この程度は風がないのと同じ」とのこと。じぇじぇ!!この環境でトレしていたら風に強くなるはず、やっぱ地元は有利の予感。

安全のため自前テントの設営は翌日に持ち越し。

この日の風は本部側からで、この時期のパターンとのこと。トスフェチのスローをすると本部に向かって左側からだと追い風ぎみでディスクが後半はしりすぎ、右側からだと押し返されて4ポイントゾーンに届かない。

悩んでもしかたないので、そこそで切り上げて、Bamboo号ともども近くの道の駅の温泉へ。そして会場に戻り軽く前夜祭をして就寝。

いよいよHokkaidoDiscDogCup当日!

IMG_20130810_075304_convert_20130815195033.jpg

みんな知っているので、結論から先に報告してしまうと、めっちゃ悔しい。

えっと、松犬のことではありませんよ。

あと7ポイントあればU-kaのUSDDNのクオリファイが実現できたのに。
Toss&Fetchのあと2キャッチ。これが現実の厳しさです。勝利の女神のバカヤロウ~

さて、正気に戻って(笑)。
D1Freeは28チームがエントリー。1日目のプレーはシード順。Haruko&Alice Team 7番目、U-ka&Tink Team 10番目、松犬&Zell Team 16番目。Takehara&Karsee Teamは20番目。

PlayersMeeting時点で、天候は曇りでほぼ無風。
D1Freeに先だって、SuperProToss&Fetchの第1ラウンド。このころから風が…しかも昨日とは真逆の風。
Freeのスタート時点では小雨も、しかも風があるため横降り。

Haruko&Alice Teamの第1ラウンドのFreeは風&小雨の中、前半好調たったもののスローが風に翻弄されエクスキューション5.54で、フィニッシュのニュートリック、グランドのEggもミスに終わり終了。

U-ka&Tink Teamは、プラントのHandsUpこそ不成功たったが、エクスキューション7.78の好プレー。

松犬&Zell Teamは、ドロップトラブルこそなかったものの、見せ場のフリップマルチ、オバーハンド2投をことごとく投げミスし、みごとに撃沈。

Takehara&Karsee Teamは、さすが、風を感じさせない、落ち着いた、らしさを発揮した見事なプレーで、第1ラウンドでもっとも印象に残ったプレーでした。

第1ラウンドは、地元、遠征チームに関係なく、風のためエクスキューションを落とすTeamが続出し、たしか、8.0ポイント以上のエクスキューションをたたき出したのは、Yachi&Vega、Fukuda&Juju、Kimura&Primaの3チームだけだったはず。

そんな状況で第1ラウンドは終了しました。 つづく
プロフィール

松平 犬

Author:松平 犬
DiscDogが大好きです。
自分たちの専用のフィールドがほしいとの思いから、仲間でドッグフィールドを作ってしまいました♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。