スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DogTownCups2016参戦記

行ってきました♪世界最高峰のDiscDogFreestylerの祭典DogTownCupsへ

今年から、名称に“S”が付き、DogTownCupから
DogTownCupsと生まれ変わりました。

くどいようですが(笑)

 ―以下、ドグタウン工房のHPより―
 15年目となる歴史ある日本オープントーナメント
 ドグタウンカップ ”DOG TOWN CUP”
 そして、今年から新たに始まる国際招待選手権
 日本の4エリアで開催されたDTI予選の上位3チームと
 アメリカ・ヨーロッパ・中国で開催されたDTI予選の優勝チームを
 招待して開催するドグタウンインビテーショナル“DOG TOWN INVITATIONAL”
 このスポーツと真剣に向き合う価値がここにあります
 2つのドグタウンカップ DTC×DTIを総称した大会タイトルが
 ドグタウンカップス ”DOG TOWN CUPS”

もちろん、我がマツケン&ゼルチームは、オープンのドグタウンカップに参加。
DTIが当初のうわさどおり、10位までなら、参加できたんだけどなぁー
って、参加してもレベルが違いすぎて…逆に恥ずかしいかも(笑)

今回、モーリィは、Freeには足の調子がまだ厳しいことから、SProTossFetchのみ。
Harukoさんは、パートナーのAliceが出産まもないことから欠場。
HDLTeamからFreeは、あっちゃん&響と、マツケン&ゼルの2チームの参加となりました。

15日(木)の午後、本社出張後に仕事を早退して帰宅。
19時頃出発し、その日は駒ヶ岳SAで車中泊。
翌16日(金)は、ドローイングの30分前の14時半に前橋公園に到着。

エントリーは全65チーム。すっげー
ドローイングの結果は、マツケン&ゼル7番、あっちゃん&響29番。

第2ラウンドのTossFetchが、今年から、USDDNと同じPam方式になり、
第1ラウンドNo.10のFreeStyleの後に、No.1のTossFetch、
No.11のFreeStyleの後に、No.2のTossFetchとなるので、
No.16のFreeStyleの後に、マツケン&ゼルチームのTossFetchになり、
めっちゃ早く、1日目の出番は終わることに。

ちなみに、SProTossFetchは、全38チーム中、
ドローイングの結果は、マツケン&ジゼルダ5番とこちらもはやく、
あっちゃん&響36番とこちらも遅い出番に(笑)。

その日は、竹原さんチーム、SDDCの皆さんと共同テントを建てて、
早々と恒例の道の駅へ。シャンパン付のプチ前夜祭。

さて、1日目、まずは、SProTossFetchから、
3か月ぶりのGameに結構緊張(^_^;) 4PZoneが遠い!
結果は、6投中、5キャッチの1フットホルトの16.5P
「ゼルごめん(ToT)」

さーいよいよ、FreeStyle、去年のリベンジ!
PreRoutineはSimpleにして、ZigZagへ。ゼルl絶好調♪
RollingからのDogCatchも決まり、FlipMultiへ。
ここまでノーミス!!次のUpSideDownのあと、
DoubleHandOverで初ミス、Pose前のEggDogCatchでテンポが崩れ、
音楽と合わず、FrontPlantからVaultもミス。
PassingのOverHandTossOverは決まったけど、その後のBackVaultも
ミスし、計4ミスで、Finish!
TtrickのQualityもいま一つで、Routineも乱れたのが無念。

14435361_905950136177956_6788300337316599392_o.jpg

テントに戻り、少し休憩すると、すぐに第2ラウンドのTossFetch。
直前まで、サイドを結構、迷って、フィールドイン。
6投中、6キャッチの19.5P、ゼルのおかげで上出来だけど、
4PZoneが遠かった。
後で、Ⅴ見たら、FollowSwingなってなくてダメダメThrowでした。反省。

あっちゃんは、Freeは、EXが7P代と少し苦戦し、
TossFetchも、3PZoneに届かいない2投があり、15.0P。
やっぱり、EX9P代と17.5Pほしいなぁー。

この日は、早く終わって、ゆっくりゲームを見ることが出来ました。
印象に残ったのは、やっぱりKousuke&Jakeの迫真のDroplessplayと、
あとは、Kimura&KalebとKusumi&Pickerかな。

その日の夜に、マーキュリーホテルでのバンケットパーティーで行われた結果発表。
結果は14位、なんとかTop15に入ったけれど、
思っていたとおり、ポイントは伸びなかった。
あっちゃんは30位。

Top15に入れたので、2日目は、午後からのプレー。
この日、雨でしたが、少しでもポイントを上げるようと、気合を入れて挑みました。
PreRoutineでDiscをdropしたものの(笑)、初めてのDroplessplay。
しかも、このドグタウンカップで!!嬉しかったです。ゼルに感謝!

14372380_906586829447620_1971372376885578733_o.jpg

でも、結果的にポイントはあまり伸びなかった。
やっぱり、もっと、TrickのQuality上げないと、残念ながら、
ここが我がチームの限界と知ることとなりました。

最終順位は13位。
去年までならDTIがなかったので、23位ってことです。
Droplessplayをして、この順位はかなり複雑な気持ち。

次に向かってのいろいろなことを学んだゲームとなりました。
2日目は、Shun&Gatsのメリッサに捧げるようなDroplessplayと
Yachi&Vegaの心からこのゲームを楽しむPlayが超印象的でしたし、
そして、Wei JiさんのRoutine&playも大好きです。

いつものことながら素敵なゲームを提供してくれるドグタウン工房の
皆さんに改めて、感謝です。
そして、参加者の皆さん、お疲れさまでした。
また、来年会いましょう♪

Thanks for Photo by Natsumi Tsuda
スポンサーサイト

U-ka&Tinkerbell Team

悲しい報告になりますが、
また、ひとつ大好きなチームが去ってしまいました。

14199373_926682694110427_5918086557724396576_n.jpg

岡田優佳(愛称:U-ka)&ティンカーベル(愛称:ティンク) チーム

このチームは、
2003年にプレーヤー10歳、パートナー0歳で出会い、

IMG_2688.jpg

約13年の間、愛しみ合い、時には真剣に向合い、
姉妹のように互いが互いを見つめて成長して来ました。

2004年にディスクドッグチームとして、デビューし
同年からドグタウンカップにも参戦、
最年少チームとして、また、その幼さと裏腹なパフォーマンスの高さから
多くの注目を集めてきました。

そして、24時間テレビの高校生ダンス甲子園の最終予選や
名古屋ドームなどでも、会場を沸かせ、

2010年の1月には、ジャックラッセルテリアのアッカとの間に
一男一女(ジゼルダ&アリス)を授かりました。

2013年、優佳19歳、ティンク9歳となったこのチームは、一大決心のもと
PIDCとUSDDNのディビジョンⅡにチャレンジするため渡米し、
PIDCは惜しくも決勝進出を逃しましたが、USDDNでは、3位入賞、しかも、
ディビジョンⅡクラスでは初のフェイバリットエンターティナー賞を受賞し、
一段とその絆を深めました。

received_m_mid_1381733579597_65be2bda3f6b6f7388_0.jpeg

その翌年の2014年のドグタウンカップで公式戦を引退し、
その後は、DemoでDogDanceなどを披露することを楽しみに、

IMG_0325n.jpg

4月のShimantoDiscDogCupや5月のHappyDogLifeTrophyでも素敵なDemoを披露し、
二人は、まだまだ、これからスローライフを楽しむ予定をしていました。

突然の肺炎による急変で、まだ現実がしっかりとは受け止められない状況ですが、
13年間ともに歩んで来たパートナーを失った優佳の気持ちを思うと、
胸が締めつけられる思いです。

これからも決してお互いを忘れることはないと思いますが、
ティンクの大好きだった優佳の笑顔が、早く戻ることを切に願っています。

DogTownCups 2016

 シーズンの集大成を飾る、DogTownCupまであと数日となりました。

 先週末にはヨーロッパチャンピオンシップもあり、
 日本から参加している8チームを思いっきり応援して、
 ドグタウンカップへ向けてのすごい刺激となりました。
 
 今年から、名称に“S”が付き、DogTownCupsと生まれ変わりました。
 
 それは、何故か!
 ―以下、ドグタウン工房のHPより―
 15年目となる歴史ある日本オープントーナメント
 ドグタウンカップ ”DOG TOWN CUP”
 そして、今年から新たに始まる国際招待選手権
 日本の4エリアで開催されたDTI予選の上位3チームと
 アメリカ・ヨーロッパ・中国で開催されたDTI予選の優勝チームを
 招待して開催するドグタウンインビテーショナル“DOG TOWN INVITATIONAL”
 このスポーツと真剣に向き合う価値がここにあります
 2つのドグタウンカップ DTC×DTIを総称した大会タイトルが
 ドグタウンカップス ”DOG TOWN CUPS”

  今年も、日本いや世界最高峰のDiscDogFreestylerの祭典へ参加します。
  
  去年のドグタウンカップは、USDDN参戦を目前に控えて、
 直前の練習でゼルを追い込んでしまい、
 1ラウンド目のプレー中にゼルが拒否・逃走してしまうという、
 辛い経験を積みました。
  
  そして、今シーズンに入っても、いろいろな迷いがあったけど、
 6月初めの中部チャレンジ以降、自分を見つめ直すのによい時間となりました。

  ゼルは、6歳にとなり、8月には伯父さんになりました。
  気力・体調とも過去最高に絶好調です。
  チームとしても、一歩づつ進化しています。
  この大舞台を思いっきりふたりで楽しみたいと思います。
  
  ドグタウンカップスの詳細はこちらから
プロフィール

松平 犬

Author:松平 犬
DiscDogが大好きです。
自分たちの専用のフィールドがほしいとの思いから、仲間でドッグフィールドを作ってしまいました♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。