U-ka&Tinkerbell Team

悲しい報告になりますが、
また、ひとつ大好きなチームが去ってしまいました。

14199373_926682694110427_5918086557724396576_n.jpg

岡田優佳(愛称:U-ka)&ティンカーベル(愛称:ティンク) チーム

このチームは、
2003年にプレーヤー10歳、パートナー0歳で出会い、

IMG_2688.jpg

約13年の間、愛しみ合い、時には真剣に向合い、
姉妹のように互いが互いを見つめて成長して来ました。

2004年にディスクドッグチームとして、デビューし
同年からドグタウンカップにも参戦、
最年少チームとして、また、その幼さと裏腹なパフォーマンスの高さから
多くの注目を集めてきました。

そして、24時間テレビの高校生ダンス甲子園の最終予選や
名古屋ドームなどでも、会場を沸かせ、

2010年の1月には、ジャックラッセルテリアのアッカとの間に
一男一女(ジゼルダ&アリス)を授かりました。

2013年、優佳19歳、ティンク9歳となったこのチームは、一大決心のもと
PIDCとUSDDNのディビジョンⅡにチャレンジするため渡米し、
PIDCは惜しくも決勝進出を逃しましたが、USDDNでは、3位入賞、しかも、
ディビジョンⅡクラスでは初のフェイバリットエンターティナー賞を受賞し、
一段とその絆を深めました。

received_m_mid_1381733579597_65be2bda3f6b6f7388_0.jpeg

その翌年の2014年のドグタウンカップで公式戦を引退し、
その後は、DemoでDogDanceなどを披露することを楽しみに、

IMG_0325n.jpg

4月のShimantoDiscDogCupや5月のHappyDogLifeTrophyでも素敵なDemoを披露し、
二人は、まだまだ、これからスローライフを楽しむ予定をしていました。

突然の肺炎による急変で、まだ現実がしっかりとは受け止められない状況ですが、
13年間ともに歩んで来たパートナーを失った優佳の気持ちを思うと、
胸が締めつけられる思いです。

これからも決してお互いを忘れることはないと思いますが、
ティンクの大好きだった優佳の笑顔が、早く戻ることを切に願っています。

DogTownCups 2016

 シーズンの集大成を飾る、DogTownCupまであと数日となりました。

 先週末にはヨーロッパチャンピオンシップもあり、
 日本から参加している8チームを思いっきり応援して、
 ドグタウンカップへ向けてのすごい刺激となりました。
 
 今年から、名称に“S”が付き、DogTownCupsと生まれ変わりました。
 
 それは、何故か!
 ―以下、ドグタウン工房のHPより―
 15年目となる歴史ある日本オープントーナメント
 ドグタウンカップ ”DOG TOWN CUP”
 そして、今年から新たに始まる国際招待選手権
 日本の4エリアで開催されたDTI予選の上位3チームと
 アメリカ・ヨーロッパ・中国で開催されたDTI予選の優勝チームを
 招待して開催するドグタウンインビテーショナル“DOG TOWN INVITATIONAL”
 このスポーツと真剣に向き合う価値がここにあります
 2つのドグタウンカップ DTC×DTIを総称した大会タイトルが
 ドグタウンカップス ”DOG TOWN CUPS”

  今年も、日本いや世界最高峰のDiscDogFreestylerの祭典へ参加します。
  
  去年のドグタウンカップは、USDDN参戦を目前に控えて、
 直前の練習でゼルを追い込んでしまい、
 1ラウンド目のプレー中にゼルが拒否・逃走してしまうという、
 辛い経験を積みました。
  
  そして、今シーズンに入っても、いろいろな迷いがあったけど、
 6月初めの中部チャレンジ以降、自分を見つめ直すのによい時間となりました。

  ゼルは、6歳にとなり、8月には伯父さんになりました。
  気力・体調とも過去最高に絶好調です。
  チームとしても、一歩づつ進化しています。
  この大舞台を思いっきりふたりで楽しみたいと思います。
  
  ドグタウンカップスの詳細はこちらから

NewFace@新しい息吹

この週末、世間は、リオ五輪@オリンピックは日本選手の活躍で、
そして、DiscDog界は、USDDNの最終クオリファイゲームとなる北海道カップで、とても熱い週末でした。

北海道カップはBB&DTJointMatchに続き、UstreamのLive中継が行われたため、
会場に行けなくても観戦することができ、全国いや全世界が、注目したことと思います。
Ustreamの撮影・中継を担当した方々に感謝します。

我が家も、多分に漏れず、PC画像を液晶テレビで写しながら、観戦&応援させて頂きました。

風を感じさせない素晴らしい演技をするチーム、風に苦戦するチーム、
見ているだけなのにハラハラドキドキ、
U-kaさんが最後のクオリファイを賭けて挑み、厳しい現実を痛感した
北海道カップを思い出しながら、手に汗握り、応援してました。

優勝したShun&GatsTeamは風を楽しむような圧巻のプレーでした。
入賞された方々、おめでとうございます。

我が家は、本来ならフィールドでの週末ライフを過ごすのですが、
8日(月曜日)にアリスのベビーが誕生し、そのお世話をしながら、
家での北海道カップ観戦となりました。

我が家のBaby@NewFaceは、U-kaさん、とHarukoさんの新たなDiscDogパートナーになる予定。

母はアリスで、父はドグタウン工房のポップス。

ポップスは皇介くんのディスクドッグパートナーとして、数々の大会で優秀な成績を収めており、
フライボールでは、日本(世界でも?)でトップレベルの速さを誇るトップアスリートドッグです。

そして、アリスは、DiscDogで数々のタイトルを持ち、
世界的にも有名なBambooさん家のアッカが父で、
そして、我が家のティンカーベルが母なので、Bamboo家のリック&ミントの孫になります。

一週間前には、影も形もなかったNewFace達、一年後にはきっと立派なDiscDogになっているはず...
どんなワン達に成長するのか、U-kaさんと、どんなTeamになりどんなプレーを見せてくれるのか、
今から本当に楽しみで、子育ての手助けは、あまり苦になりません(笑)

IMG_2271.jpg

2016HappyDogLifeTrophy

3月後半の西日本交流戦から始まった、今シーズン
4月に入ってHDL練習発表会、関西チャレンジシリーズ、四万十ディスクドッグカップ
5月に入って、スタッツランキングシリーズ♯1西日本があり、
ついに、京丹波ドッグフィールドの最大イベントHappyDogLifeTrophyの開催となりました。

新名神の落橋事故に関連した仕事のごたごたもあって、これらの感想も書けないまま、
今日に至ってしまいました。

今年のHappyDogLifeTrophyは、ポスターの強調作戦から始まりました。
そして、エントリーリスト裏表紙の作成、ポスター掲示のおねがいまわり、
フィールドの芝刈り&草刈、駐車場整備、フェンスの一部更新、
サプライズ&キャンドルサービズの準備、ウエルカムパーティ会場の予約&料理打合せ
ホテルの予約、一品持寄りパーティの準備、観客用パンフの作成、
観客用おかし&ジュースの買出し、FBなどでの宣伝、などなど

どれもこれも面倒ではありますが、
我々のフィールドで最高のゲームをしたいとの思いから、
まあまあ(笑)楽しみながらこなすことができた思います。

昨年は、ボクとゼルのアトランタ行きの切符(USDDNクオリファイ)を
手に入れさせてくれた思い出の深い大切な大会。

そんな大会だからこそ、最高のフィールドコンディションで、
最高のプレーをしてほしい。そんな思いを胸に準備を進め、
前日にはドグタウン工房、木村さんご夫妻、吉岡さんご夫妻、津田さん
とHDLメンバーで設営をし、当日を迎えました。

当日は、朝一番からサプラズ結婚式の予定、当事者お二人が想定より早く到着し、
ちよっとハラハラドキドキ、
クラブハウスや白い小屋にサプラズグッズを隠し、本番に備える。
Monaちゃんの両親の招待・出席もサプライズだったので、両親の到着少し前に
Monaちゃんに「ルツカがクラブに来てほしいと言っている」と伝えると、
走ってクラブハウスへ、そのあとを心配した皇介くんが追う。
ここでMonaちゃんはウエディングドレスと遭遇し、はじめてサプライズを知ったはず。
ここから、サプライズ大作戦の開始。会場を装飾し、神父さんはお着替えし、
ケーキやブーケを用意。UstreamLiveも準備完了。
ここからは、Live中継のとおりで、本当に素敵な人前結婚式で、
大好きなKouちゃん、Moanちゃんの結婚式を我々のフィールドでしてもらえて、
嬉しかったし、かなり感動しました。
そして、Pamの松浦さんのブーケ争奪戦は、かなり笑えました。



といった、和やかムードのまま、プレーヤーズミーティングを経て、
いよいよゲームに。
2日間の熱い戦いには、たくさんのドラマがありました。
オープンフリースタイルは、平井俊介&ガッツTeamが、
最終ラウンドでの他Teamの追い上げを寄せ付けず、2年連続優勝。
準優勝は、二見セドナTeamで、3位は清水キャップTeam。
皆さん、おめでとうございます。

今回、印象に残ったのは、
二見セドナTeamのスタイリッシュかつワイドスケールなプレー。
もう一人は、ルツカジャンプTeamの見る人を魅了するドッグダンスDemo。

マツケン&ゼルは、練直しほやほやのルーティンが崩壊して、
EXもダメダメな結果で、撃沈。
もっと練習しなくては、と反省しきりです。

参加頂いた皆さん、本当にありがとうございました。
今回、大会を通じて、この感動と興奮は、多くの人に支えられていることを改めて感じました。
その支えてくれた皆さんに心から感謝の言葉を伝えたいです。
本当にありがとうございました。
そして、やっぱりSpecialThanks ドグタウン工房
 & Tournament Secretary by Hirai Yasushi

2016 Happy Dog Life Trophy

日本のディスクドッグそして、世界のクオリティがここにある!!
  〈観戦無料 雨天決行〉


いよいよ、エントリー受付が始まりました♪
今年も、京丹波ドッグフィールドが世界へ通ずる舞台になります。

第2 回ハッピードッグライフトロフィー- JDDNメジャーゲーム-
 【USDDN 関西予選を兼ねる】
 【ドグタウンインビテーショナルの予選を兼ねる】
 ■名称:第 2 回ハッピードッグライフトロフィー 【日本語】
    :2016 Happy Dog Life Trophy 【英語】
 ■日程:2016 年 5 月 28 日(土曜日) 9:45 よりサインアップ開始
            29 日(日曜日) 8:30 よりサインアップ開始
 ■会場:京都府船井郡京丹波町橋爪 京丹波ドッグフィールド
     (京都縦貫道 丹波 IC を降りて 9 号線の橋爪交差点を右折後、
     約300M 先を左折し、竹林を越えた脇道を100M ほど登る)
 ■主催:JDDN 日本ディスクドッグナショナルネットワーク
 ■共催:HDL ハッピードッグライフ/ドグタウン工房
 ■公認:USDDN 米国ディスクドッグナショナル
    (本部:ジョージア州ライダル市 WOOF SPORTS!!内)
 ■協賛:信頼のドッグフード Dr.Tim’s
 ■協力:LakeSidePaws/ShikokuDiscDogClub/LotusRootDogs
  /TM Aichi/ChiharuDogTraining BambooDogField/JADC
  /VeryVeryDOG/WWKagoshima/M&M Village/JDDN Sapporo Club
  /DT Maebashi/Bound Bow DC/Ramble Dogs/ Radical Bones
  /Dog Town Club
 ■事務局:JDDN 事務局 群馬県昭和村貝野瀬ドグタウン工房内
     0278-24-7628
 ■連絡先(当日):平井俊介 090-8330-5008
 ■目的:競技の普及を図ると共に愛犬家が公園利用する上での
    マナーやルールの徹底を図る
※SuperOpenの上位4チームは、USDDN世界選手権世界選手権WorldFinalSuperOpenFreestyle(米国、日本、カナダ、オランダ、ドイツ、ベルギー、ポーランド、チェコ、スペイン、スイス、ハンガリー、ロシア、イタリア、コロンビアなど世界18 か国のチームが予選に参加する世界一決定戦) の出場権を獲得する。
※SuperProToss&Fetchの上位 4 チームは、USDDN世界選手権WorldFinalSuperProToss&Fetchの出場権を獲得する。
※SuperOpenの上位 3 チームは、ドグタウンインビテーショナルの出場権を獲得する。ヨーロッパ・アジア・米国からの招待選手と戦うドグタウンインビテーショナルはドグタウンカップと同じ日程、会場で実施される。
 ■申込先:申込みフォームは、こちら
   また、申込みが上手くいかない場合は TEL 0278-24-7628(ドグタウン工房)
   にお手数ですがお知らせください
 ■締め切り: 2016 年 5 月 23 日(月)PM9:00 まで
 ■章典: SuperOpenFreestyle 優勝チーム 【HDL トロフィー、賞状、景品】
    2,3 位 【トロフィー、賞状、景品】 4,5 位【賞状】
    全チーム 【JDDN グレード】
    Super Pro Toss & Fetch 優勝チーム〜3 位 【トロフィー、賞状、景品】
     4,5 位【賞状】
     Best Freestyler 【トロフィー】最高のフリースタイルチームに贈られます
     Rookie award 【トロフィー】初出場で会場を最も沸かせたチームに贈られます
     パピートスフェチ 優勝チーム【トロフィー、賞状、景品】 2,3 位【賞状】
     シニアトスフェチ 優勝チーム【トロフィー、賞状、景品】 2,3 位【賞状】
 ■エントリー費 ◇Super Open Freestyle 13500円
        ※ 当日エントリーは出来ません
         ◇Super Pro Toss & Fetch 3500円
        ※ 当日エントリーの場合は 500 円増しとなります
        ◇パピートスフェチ 2000円
        ◇シニアトスフェチ 2000円
        ◇ボランティアデモ 1,000 円
        【MC 付、ルーチンが無いチームも参加できます】
    ※フィールド使用料別途
      (1 家族あたり 1 日 2,000 円、2 日間 3,000 円、3日間 4,000 円
      当日フィールドにて HDL にお支払下さい。)
 ■演技順:金曜日に行われるドローイングにより決定致します。
 ◆Time Table (全ては予定です。ご了承ください)
  5 月 27 日(金)
  12:00 会場設営
  15:00 HDLT Super Open Freestyle ドローイング
  16:00 Dr.Mona のカイロプラクティック(土・日もあります)
  16:00 Lucka のトリッククリニック(土・日もあります)
  5 月 28 日(土)
  09:00 サインアップ
  09:30 プレイヤーズミーティング
  10:00 Super Pro Toss&Fetch 予選 R
  11:00 Super Open Freestyle 1R-Freestyle
  14:00 ディスクドッグ体験&プレゼントタイム(観客参加イベント)
  14:30 Super Open Freestyle 2R-Toss&Fetch
  19:00 ウェルカムパーティー&初日成績発表
  5 月 29 日(日)
  08:30 サインアップ
  08:45 プレイヤーズミーティング
  09:00 パピートスフェチ、シニアトスフェチ
  09:40 Super Open Freestyle 決勝R-Freestyle(TOP11 まで)
  12:00 ディスクドッグ体験&プレゼントタイム(観客参加イベント)
  12:30 Super Open Freestyle 決勝R-Freestyle(TOP10)
  13:30 Super Pro Toss&Fetch 決勝 R(TOP15 のみ)
     パピートスフェチ 決勝 R(TOP3 のみ)
      シニアトスフェチ 決勝 R(TOP3 のみ)
  14:15 ボランティア Demo(ディスクドッグ&K9 フリースタイル)
 ※14:15〜 Dr.Mona のカイロプラクティック
 ※14:15〜 Lucka のトリッククリニック
  16:30 表彰式

 ◆ Dr.Mona の スポーティングドッグのためのカイロプラクティック◆
 日本で唯一のアニマルカイロプラクター
 獣医 Dr.Mona の診療を受けることが出来ます。
 当日は随時受け付けています。
 料金は 5000 円(初診料は別途+2000 円)
 詳しくはこちらをご参照ください。↓
 申込みフォームからお願いします。

 
 ♪Lucka PlevovaのK9 フリースタイルトリックのショートクリニック♪
 犬は貴方に集中していますか?
 必ず出来るフルトリックはいくつありますか?
 犬の集中⼒アップからオリジナルトリックまで。
 ドッグダンスの本場ヨーロッパで培ったメソッドで、足りないモノ
 や必要なトリックを一緒に探しましょう。
 申込み:大会申込みフォームから
 1チーム約20 分 5000 円 (当日申込みも可)




★ウェルカムパーティーのご案内★
 今回もPamMartin氏を囲んで下記のとおりウエルカムパーティも開催しますヽ(^o^)丿
 日時:5月28日(土)19:00から
 場所:時食館 八光亭 
    〒622-0231 京都府船井郡京丹波町豊田下川原182-4
    TEL 0771-82-0850
 会費: 1 人3,000円(飲み物別)
 申込み:ここのコメント欄、または、FBのイベントにてお名前、人数をお知らせ下さい。
 送迎:花丘センター(宿泊場所)と京丹波ドッグフィールドからウェルカムパーティーの会場となる八光亭まで、専用バスにより送迎して頂けます。ウェルカムパーティー会場への往復については、どうぞ送迎バスをご利用ください。
プロフィール

松平 犬

Author:松平 犬
DiscDogが大好きです。
自分たちの専用のフィールドがほしいとの思いから、仲間でドッグフィールドを作ってしまいました♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード